上尾市二ツ宮 ひかわ幼稚園

園での生活

最近の幼稚園

1学期の生き物(ひかわの魅力)

ひかわの魅力の一つである、生き物。


動物舎の動物だけでなく、

園内に沢山やってくる季節の昆虫達。


そして屋外だけでなく、

各クラスでも様々な生き物を飼育しています。



まず、全クラスで飼育されているのが、

ウサギです。

173_1658987416_0.jpg

家庭で捨てられてしまうような野菜の皮などウサギが好むものを持ち寄り、ご飯としてあげたり、皆で可愛がります。

173_1658987109_1.jpg

年長さんが当番でウサギ小屋の掃除をし、

きちんと御世話も行います。



GW明けには、子ども達が捕まえた様々な生き物が教室にやってきます。


カタムツリ・オタマジャクシ・カミキリムシ・ザリガニ・カブトムシの幼虫・蝶のさなぎ…などなど。

173_1659232745_2.jpg


173_1658987109_2.jpg 


脱皮など成長していく様子をみんなで観察し、1学期の最終日には、希望者が自宅へ持ち帰ります。

173_1658987416_3.jpg


173_1658987109_3.jpg



他にもメダカ・金魚・亀がいます。

173_1658986714_2.jpg

雌メダカがお腹に卵をつけ、

孵化した小さな稚魚が日々増えていきます。

173_1658987109_5.jpg



動物舎にいる亀の子どもを、天敵であるカラスから守るため、先生方が保護され教室で育てています。

173_1658987109_6.jpg




そして夏休み直前、虫取り名人達が大好きなカブトムシやクワガタが幼稚園に登場します!!


木陰を通り抜け

173_1658987416_8.jpg

第二駐車場にあるクヌギやかしの木に、

沢山の虫たちがやってきます。

173_1659232745_10.jpg


虫籠を持ってきた子ども達

大喜びで捕まえていきます。

173_1658987416_9.jpg



先生は皆生き物に詳しく、その生き物に適した環境を作ってくれます。

子ども達と観察したり触れ合ったり。

絵や工作の題材になったりもします。


小さなアリやダンゴムシすら触れれなかった子達も、幼稚園ではお友達効果からか、沢山の生き物に触れれるようになるそうです。



日々沢山の生き物に触れることで、

その生態や命の大切さを学びます。

また、五感が刺激され、

豊かな感性や知識が育まれています。


生き物や自然から、楽しく遊びながら学ぶ。

これこそ、ひかわ幼稚園の大きな魅力ではないでしょうか。





2018年7月6日(金) >
七夕
ページ上部へ